PuerariaB-UP book

プエラリアを飲まないほうがいい周期は

気になる健康成分のプエラリアですが、製品や説明されているホームページを見ていると、必ずと言っていいほど注意書きがあります。
これにはプエラリアの持つ成分の強さに理由があります。
それはどんな理由でしょうか。
まず、プエラリアには「エストロゲン」に類似した成分効果があります。
男性にはあまりなじみのない言葉ですが、エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、実は男性の体内にも女性よりは少ないですが存在しています。
これは逆にも言えることで、女性の体内にも男性ホルモンは一定量存在しています。
女性の場合は、男子に比べると男性ホルモンの量は少ないのです。

ホルモンバランスは体内に非常に重要で、女性ホルモンが女性の体内で安定していると、生理周期が安定します。
また、肌ツヤが合ったりバストがふくよかになったりなど、女性らしさが溢れます。
さらに、妊娠のしやすさもホルモンバランスの安定が重要です。
プエラリアは摂取をすることで女性ホルモンを補う、あるいはすでに体内に存在する女性ホルモンを刺激する効果があるので、摂ることで女性らしさに磨きをかけることが出来ます。
しかし、刺激のし過ぎは経血の増量やホルモンバランスを乱してしまう可能性があるので、必ず注意書きが行われているのです。
では、飲まないほうがいい周期なども存在するのでしょうか。

避けたほうが無難な時期は、「月経前」です。
月経前はエストロゲンではなくプロゲステロンが活発になります、プロゲステロンも女性ホルモンの一種であり、なくてはならないものです。
しかし、月経前にエストロゲンを過剰に刺激するとプロゲステロンが減少する恐れがあります。
すると、月経周期が狂うことがあります。
また、月経期間が通常よりも長引いてしまうことがあるのです。
これは女性の体内において負担といえますから、十分に注意をする必要があります。
特に初めて飲まれる方は、体内に急激な変化が起こる可能性が高いので、まずは月経前ではない時期に摂取しましょう。

トップに戻る