PuerariaBust-Up book

過剰摂取はダメ!プエラリアの副作用に注意しよう

バストアップになったり、女性らしい丸みのあるボディラインになったりすることで知られているプエラリアですが、過剰に摂取すると身体に負担をかけることになります。
その結果、副作用が起きる可能性もあるため、摂取量には十分注意した方が良いでしょう。

現在、プエラリアを摂取して報告されている副作用としては、大人ニキビや生理不順が挙げられます。
プエラリアは、女性ホルモンを活発にします。
女性ホルモンにそっくりのイソフラボンをたっぷり含んでいるため、女性らしさを形作る際のサポート役になります。
しかし、過剰に摂取するとホルモンのバランスを乱すために、副作用が起こります。

大人ニキビは皮脂が余分に分泌されることで発症します。
皮脂の分泌は女性ホルモンによって加減されるため、過剰摂取により影響を受けてニキビとなるのです。

生理周期もホルモンのバランスによって影響します。
女性ホルモンは生理周期を整える働きがあるので、摂取しすぎると生理が早まったり遅れたりすることがあります。
稀な例ではありますが、不妊症になったという報告もあります。
プエラリアは、卵胞期から排卵期に分泌されるエストロゲンに似た働きをします。
しかし、摂取しすぎると身体が自ら分泌する機能を失うため、妊娠しにくくなります。
また、長期に渡って過剰摂取を続けていると体調不良を起こし、治療が必要になるかもしれません。

摂取する際は、規定量を守って十分注意しましょう。

トップに戻る