PuerariaBust-Up book

含まれているプエラリアの違い

プエラリアは、タイヤミャンマーなど亜熱帯の地域が有名な産地で、マメ科の植物なのですがあまり摂れないことから価値が高い植物として知られています。
プエラリアの一番の特徴は、女性ホルモンの一つの卵胞ホルモンと同じような働きをするところで、乳腺に働きかけて豊かなバストを作ってくれるというのです。
こういった作用から、豊胸製品に使われるようになって、今ではバストアップクリームやサプリメントといえばプエラリアというくらい有名になっています。
このプエラリアのサプリメントを飲むのであれば、月経周期を考えて卵胞期が良いといわれています。

そんなプエラリアの製品は、日本でも数多く作られていますが、日本で売られているプエラリアの製品には証明書が付いていてクオリティーの高いものが多いです。
安心して使うことができます。

では、そんな数あるプエラリア製品を選ぶ基準はどこにあるのでしょうか。
プエラリアの品質は、含まれている使用部位や収穫の季節、仕入れルートなどで変わってきます。
例えば部位、これは中心部の方が凝縮度が高くて中心部が10であれば皮の近くは7といわれています。
収穫した季節で見てみると、プエラリアは腐りやすいことから雨季にはとれません。
つまり、タイの乾季の10月から2月に摂れたものが高品質ということになります。

そして仕入れルートですが、これは老舗の業者であれば独自の仕入れルートを確保しているので安心です。
常に品質の高いプエラリアを手に入れることができるというわけです。

トップに戻る