PuerariaBust-Up book

プエラリアとプエラリアミリフィカの違いとは

プエラリアとは、女性ホルモンと同様の働きをし、豊胸効果の期待ができるものとして女性からの熱い視線を浴びている植物です。
日本で使われる豊胸系のサブリメントは、粉末などに加工されたものなどを利用していて、プエラリアといえばこのプエラリアミリフィカのことをさします。

このプエラリアはタイなどの特定地域のみで植生し、主に三種類のプエラリアが存在しています。
豊胸系のサプリメントで利用されているのは、三種類の中の一つシロガウクルアという植物で、根を切った際に変色する度合いが少な目で白っぽいことから白ガウクレアといいます。
この根の白い植物の別称を「プエラリアミリフィカ」というのです。

さて、このミリフィカとはタイの言葉で、「奇跡」という意味になります。
このようなプエラリアミリフィカは、タイでは若返りの薬としても使われ、大変貴重で高価なものですので、タイではそのままの形で持ち出すことができません。
そしてプエラリアミリフィカそのものは、タイでも希少種とされていて、現地タイの市場でも、他二種のプエラリア亜種と見間違えて問題になってしまうことがあるほどです。

このようなプエラリアミリフィカが、食用や薬として利用されているのは根の部分になります。
二年ほどでプエラリアは根を成長させるのですが、プエラリアミリフィカでも、植生している期間の若い根には、十分な有用成分がまだ作られていません。
ですから、プエラリアのサプリメントを選ぶ時は、プエラリアの含まれている量の他、十年以上の植生があったプエラリアミリフィカを選ぶとよいでしょう。

トップに戻る