PuerariaBust-Up book

タイ発の健康食品プエラリアの歴史と研究

タイ北部、ミャンマーとの国境近くに原生したと言われる健康食品「プエラリア」は、現地では「ガオグルア」と呼ばれ、古くから現地の人々が万能薬として食していたと言われます。
そもそも研究の始まりは、プエラリアが自生していた地域の人々が高齢になっても若々しく、美しい人が多かったためと言われ、古くは仏塔の下に納められていた古文書にもそのことが記されていたとされています。

タイ政府が正式にチュラロンコン大学と研究を始めたのが、1952年のことです。
その後イギリスからの研究チームも加わり、1960年には科学雑誌「Nature」にも取上げられる存在となり、世界的に注目を集めることになります。

特に有名になったきっかけは「プエラリン」というイソフラボンに似た美乳成分で、バストアップなどに効果があるとさらに注目を集めます。
この効果が期待できるのは「プエラリア・ミリフィカ」という種のみなのですが、タイ現地には似たような蔓草がたくさん自生しており、現地の人が見てもその判別は非常に困難だと言われています。
そのため、タイ産のプエラリアが公式に入手できるのは、プエラリアに関する特許を全て取得している民間企業がもつ農場、タイ国立農業大学がもつナコンパトム農場、チェンマイ農場、この3つの農場からだけなのです。

「所持」「販売」「研究」ともにタイ国内で厳しく制限されており、日本の国立医薬品食品衛生研究所が行った平成16年の検査では、日本国内で売られていたタイ産のプエラリア・ミリフィカを使った健康食品12品の内、6品は偽物だったと報告されています。
類似品が多く、本物を選ぶには注意が必要な健康食品なのです。

トップに戻る