PuerariaBust-Up book

プエラリアとプラセンタの違いは?同時摂取は可能なの?

美容関係者やメディアで話題になっている成分と言えば、プエラリアとプラセンタがあります。
両者はどう違うのでしょうか?また、同時に摂取しても大丈夫なのでしょうか?

プエラリアは、東南アジアに生息するマメ科の一種でエストロゲンと同じような働きをする成分です。
その含有率は大豆の40倍と言われていて、女性ホルモンを刺激し、分泌を活発にします。
そのため、女性らしい丸みのある身体つきを作ったり、バストを大きくしたりする働きがあります。
自律神経を整えて柔らかい雰囲気を作ったり、肌や髪を美しくしたりする作用もあるため、フェロモンも増えると言われています。
好きな人を射止めたい時や薄着になる夏場にプエラリアを摂取することは、効果覿面かもしれません。

一方のプラセンタとは、植物などではなく、生き物の胎盤にあたります。
女性が妊娠すれば赤ちゃんを支える胎盤が作られますが、これがプラセンタです。
胎盤は、哺乳類が持つものなので、美容系の商品としては、豚や馬、牛などから抽出したものが採用されています。
プラセンタの特徴は、成長因子を持っていることです。
細胞分裂を活発にして再生力を高め、皮膚や臓器など全身の老化を食い止める働きがあります。
ホルモンのバランスが乱れた時にも整える働きがあり、生理前症候群や更年期障害の緩和にも有効です。

両者は、身体を美しくする点では似ていますが、プラセンタには女性ホルモンを刺激するような作用はありません。
そのため、期待される効果も異なり、両者を同時に摂取しても問題ないと言われています。
むしろ、相乗効果によって効率的に若々しく美しい身体を手に入れられるでしょう。

トップに戻る