PuerariaBust-Up book

大豆イソフラボンとプエラリアってどう違うの?

大豆イソフラボンもプエラリアも美容効果、特にバストアップに効果があるとされています。
似ているようでどこか違う大豆イソフラボンとブラエリアについて調べてみましょう。

大豆イソフラボンは植物由来のエストロゲンを主成分としています。
女性ホルモンであるエストロゲンの作用と同じ効果が期待されることから、女性特有のしなやかな体型を希望する方や肌をきれいにしたい方に人気があるといわれています。
生理周期が整う人もいれば、更年期症状に効果がある人もいます。
骨粗しょう症にも注目されています。
大豆イソフラボンの1日摂取量は75㎎が目安です。

一方のプエラリアの主成分は、大豆と同じ植物性のイソフラボンのほかに、デオキシミロエステロールとミロエステロールといったプエラリアならではの成分が含まれています。
これが、大豆イソフラボンとプエラリアが大きく異なるところです。
プエラリアに含まれるこの2つの成分は、イソフラボンよりも強い作用のある植物性エストロゲンです。
そのため、大豆を使ったサプリよりもプエラリアの効果のほうが高いと言えるのです。
しかし、効果が高いがゆえに、サプリの適正量よりも多く飲み続けると体に悪影響を及ぼします。
主な症状は、吐き気や生理不順、不正出血です。
プエラリアのサプリについて日本ではいろいろな研究も進んでいないため、安全性については何も言えない状態です。
自分の体調を見ながら、飲むを量を半分に減らしたり、飲むことを休んだりするなどの配慮が必要です。

トップに戻る