PuerariaBust-Up book

バストアップに最強の成分、プエラリアに含まれるプエラリンとは

バストアップを夢見る女性なら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。
東南アジアの限られた山間部に自生する、葛科の植物プエラリア。
現地では昔から女性の肌を白く美しくし、長く健康を保つ植物とされてきました。
現在は、サプリメントとして販売されているので手軽に摂ることができます。
効果が高く、世界中の女性に支持されています。
プエラリアには女性ホルモンと同じような働きをする、植物エストロゲンが多く含まれています。
身近なところでは、大豆に含まれるイソフラボンもその仲間です。
大豆は美肌効果や女性らしい体つきをサポートするなどと言われていますが、なんとその40倍もの量を含んでいるのです。
その分効果が高く人気なのです。

もう一つ忘れてはいけない成分があります。
それはプエラリンです。
イソフラボンの一種で、葛科の植物の根の部分に多く含まれています。
女性ホルモンに似た働きは弱いものの、バストを美しくすると言われています。
1960年に、イギリスの科学雑誌ネイチャーで、バストを大きく美しくする効果のある成分として紹介されました。
大豆にはほとんど含まれない成分で、プエラリアならではの効果を特徴づけています。
バストを大きくするだけではなく、肌のハリを保ち、シワやシミを予防すると言われています。

それだけではありません。
プエラリンには、強力な抗酸化作用があるのです。
ビタミンEの100倍もの効果があると言われています。
加齢によって体は酸化し、老化して肌がたるんだりシワができたりします。
それを防ぐ効果があるのです。
こういった効果があることから、プエラリンはバストアップに強力な手助けとなるのです。

トップに戻る