PuerariaBust-Up book

プエラリアの作用って?がんになるって本当?

豊かなバストを育てるには、プエラリアが向いています。
これは、タイなどに自生するマメ科の草で、塊根にバストを育てる成分が含まれています。
その成分とは、例えるなら強力なイソフラボンに近く、女性ホルモンの分泌を促し、エストロゲンの動きを活発にさせる作用があります。

エストロゲンの役目と言えば、女性の身体のあらゆる細胞に働きかけて、女性らしさを生み出したり、脂質の代謝を良くしてコレステロールの増殖を止めたりする働きがあります。
バストに至っては、乳腺を発達させたり、バストにある細胞の分裂をサポートしたりして、大きく育てる働きを持ちます。
エストロゲンがいかにバストアップに効果的かお分かりいただけるでしょう。

しかし、これが過剰に分泌されると、しばし困ったことも起きます。
そのうちのひとつががんに罹りやすくなるということです。
エストロゲンが乳腺や子宮に作用するため、子宮内膜を増やし過ぎることになり、子宮内膜がんや乳がん、乳腺疾患に罹る確率を上げてしまう恐れがあります。
エストロゲン自体もがん細胞のエサとなります。
これが過剰に分泌されることでがんに罹るだけでなく、進行を早めることにもなりかねないため、注意が必要なのです。

ただ、エストロゲンの過剰な分泌が、必ずがんへの罹患率を高めるという因果関係は、正確には立証されていません。
規定量を守って摂取していれば問題ないため、バストを育てたい人は、摂ってみると良いでしょう。

トップに戻る