PuerariaBust-Up book

プエラリアの使用制限

女性ホルモンと似た働きをし、豊かな胸の形をつくるとして有名な植物がプエラリアです。
プエラリアは効果が絶大なだけに、過剰摂取での弊害も様々あり、また摂取できる年齢の制限もあります。

まず、過剰摂取の弊害ですが、胃腸の調子が悪くなる・肌荒れ・生理不順などがあげられます。

また、プエラリアの使用に避けた方がよい状態の人もいます。
それは、イモ類の食品アレルギーのある人、そしてホルモン剤を含めて女性特有の薬を服用している人には、プエラリアが薬効を妨げてしまうものがあります。
これらの対象の人は、プエラリアが体に悪影響を与えてしまう場合がありますので、プエラリア以外の同様の効果が得られる方法を試した方がよいでしょう。

なお、妊娠や授乳中は、特にホルモンバランスが崩れがちです。
また、お母さんの摂取した成分は子供にまで影響しますので、プエラリアの摂取は避けるようにしましょう。
次にプエラリアが摂取できる年齢の制限ですが、十代での摂取は控えた方がよいでしょう。
十代の間は女性ホルモンの生産量が活発ですから、プエラリアを摂取すると過剰摂取状態になり、本来女性ホルモンを作り出す卵巣の発達を阻害してしまうことにもなりかねません。

もし、十代の間にバストアップをしたいと考えている場合は、ハーブなど体に悪影響のないものを利用しましょう。
最後に、プエラリアの使用量の制限ですが、摂取量は400mg以下がよいとされています。
ただし、体質など摂取量の上限が基準より低い場合もあります。
プエラリアを利用する場合は、少ない量から初めて自分の適正量を見極めるとよいでしょう。

トップに戻る