PuerariaBust-Up book

バストアップサプリ「プエラリア」の副作用

プエラリアは亜熱帯地域に生息するマメ科の植物です。
女性の不調を改善するサプリメントとして有名なのがイソフラボンですが、プエラリアにはそのイソフラボンが大豆の約40倍ととても多く含まれていると言われています。
そのため美バスト、美肌、美髪や更年期障害、骨粗鬆症など女性の悩み改善にうれしい効果が期待されています。

プエラリアの多くはバストアップ用のサプリメントとして販売されています。
それはイソフラボンの他にも3つの美バスト成分が含まれているからです。
ロエステロール、デオキシミロエステロール、プエラリンの3つの成分が強力に女性ホルモンに作用していているため、「バストが大きくなった」「バストにハリが出た」「短期間で効果が実感できた」など喜びの声が聞かれています。
一方で、効き目が強いため副作用を訴える声も多く聞こえてきます。

訴えの多い副作用は生理不順や生理痛がひどくなったというものでした。
他にも頭が痛くなった、気分が悪くなり吐き気がした、体質に合わず肌荒れを起こしてしまったという人もいます。
副作用が出た場合は、摂取量が多いことが考えられますので、服用を一時ストップする、摂取量を減らすなど様子を見ましょう。
プエラリア自体が強い成分のサプリなので初めて飲む人はパッケージや商品説明に記載されている摂取量の3分の1くらいから試してみて、様子を見ながら量を調節することをおすすめします。

また、別のサプリを飲んでいる人は飲み合わせに問題がないか検証してみることも大切です。
例えば同じ作用を持つ大豆イソフラボンのサプリと一緒に服用することは過剰摂取につながるのでNGです。
生理中や妊娠中はホルモンバランスが崩れやすいので、プエラリアの服用は絶対にやめましょう。

女性の悩みに効くサプリですが、摂取量が自分に合っていないと体調を崩しかねません。
適量を守って上手にサプリを活用してください。

トップに戻る