PuerariaBust-Up book

プエラリアの摂取をストップしたほうが良い時期とは

プエラリアには年齢とともに少なくなってしまう、エストロゲンの働きを活発にするイソブラボンがたっぷり含まれています。
女性ホルモンを活発にすることで、乳腺が発達、胸に脂肪をつけることを促し、バストアップ効果も期待がもてるんですよ。

早速プエラリアを飲んでみよう!という前にプエラリア摂取を控えたほうがいい時期、飲む量で気を付けたい点があります。

プエラリア摂取を控えたほうが良い時期は生理開始の1週間前から生理中です。
生理前の時期は女性ホルモンの一種プロゲステロンが優位になる黄体期という大切な時期になります。
なぜなら、黄体期は妊娠を継続できるように準備をする時期です。
このタイミングでプエラリアを摂取するとエストロゲンが増え、プロゲステロン優位の状態を保つことができずホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れると不正出血や体調不良を起こします。
健康的なボディを作りたいのに、体調を崩してしまっては本末転倒ですよね。
プエラリアの摂取は生理後から生理開始の1週間前まで、すなわち約2週間となります。

また、プエラリアは摂取量も注意が必要です。
女性ホルモンに影響を与えるので早ければ2、3日で効果を実感できるという方もいます。
はじめのうちは体を慣らす意味で、一日50~100㎎以下から始めると良いでしょう。
1週間様子を見て問題がなければ少しずつ増やすということを繰り返すと副作用の心配が少なくなります。

トップに戻る