PuerariaBust-Up book

生理前後のプエラリア摂取について

バストアップの効果があることで知られているプエラリアですが、効果が高い反面、生理不順など副作用についての報告も少なからずあるようです。
プエラリアの効果は植物性のエストロゲンとも呼ばれる植物性ホルモンに似た成分によるものですが、ホルモンが多くなると子宮や卵巣などの機能にも影響が出ることがあります。
中でも特に注意したいのは、生理周期の乱れです。

大人の女性は排卵と月経をおよそ2週間おきに繰り返しており、定期的に生理が来るということは、排卵が正常に行われているという証拠です。
正常な排卵にはエストロゲンの量が大きく関わっており、排卵が起きる前はエストロゲンの量は少なく、排卵すると増加します。
そして生理が始まると、エストロゲン量はまた徐々に減少します。
このように規則的に増加と減少を繰り返している女性ホルモンをプエラリアで意識的に増加させるには、できるだけ影響の少ない時期を選ぶことです。

例えば排卵後から生理前にかけては何も飲まなくともエストロゲン量が多くなっていますので、この時期にプエラリアを過剰に飲んだり、飲み始めたりすると、生理周期が乱れやすくなります。
プエラリアはとても高いエストロゲン同様の成分を含んでいますので、初めて飲むときや種類を変えるときなどはそもそもエストロゲンが多い排卵後に飲み始めずに、できるだけ生理が終わった後に飲み始めるようにしてください。
そして影響が大きいと感じるときはしばらく休んで、次の生理を待ってからまた飲み始めるようにします。

トップに戻る